ホーム

【新着情報】
2016年10月23日:オプトメカトロニクス研究室のHPはこちらはです。
2015年  9月30日:当ホームページを開設しました。

【ようこそ】
このホームページでは、入射光の偏光状態を1回の撮像によって解析できる「偏光解析ソフトウェア」及びそのソースコードをダウンロードできます。

ハガキ縦ダウンロード

【Vectorial vortex analysisの特徴】

  1. たった1度の撮像で、入射光の偏光状態を調べることができます。
  2. 紫外線、可視光線、赤外線、さらにテラヘルツ波のような広帯域のスペクトルで利用できます。
  3. 複雑な偏光変調器を必要としません。

【必要なもの】

  1. Detector
  2. 偏光子
  3. Axially symmetric waveplate
  4. 当ソフトウェア

詳細については以下を参照してください。
“Determination of the polarization states of an arbitrary polarized terahertz beam: Vectorial vortex analysis”
Toshitaka Wakayama, Takeshi Higashiguchi, Hiroki Oikawa, Kazuyuki Sakaue, Masakazu Washio, Motoki Yonemura, Toru Yoshizawa, J. Scott Tyo, and Yukitoshi Otani
Scientific Reports, Vol. 5, pp. 9416-1-9416-9 (2015).

動作環境:Microsoft Visual studio 6.0

Microsoft Visual studio 6.0を使ってコンパイルしていますが、ANSI Cのレベルでプログラムが書かれております。
Microsoft Visual studio 6.0を使っての動作は確認していますが、その他ではまだ検証しておりません。

埼玉医科大学 保健医療学部 医用生体工学科
オプトメカトロニクス研究室のHPはこちら